女性の薄毛 - AGA辞典

AGA辞典 > 女性の薄毛

女性の薄毛

AGA治療と言えば男性型脱毛症の治療について指していますが、実は女性にもAGAになる可能性があります。
まずAGAになるメカニズムはテストステロンと呼ばれる男性ホルモンに5α-リダクターゼという還元酸素が接触し、そこでDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる物質が代謝されることによって発毛サイクルが狂い、AGAの進行に繋がります。

つまりまずは男性ホルモンの一種にあたるテストステロンが大きなきっかけになっているのですが、それなら女性は関係ないのでは?と思う人もいるのではないでしょうか?
しかし男性にも女性ホルモンがあるように、女性にも男性ホルモンはあるのです。
ですから当然女性にもテストステロンはありますから、上記のようなメカニズムでAGAが発症する可能性があります。
ただ一般的に可能性としてはそれほど高くありませんし、きちんと治療すれば治りますのでもし抜け毛が気になってきたり、頭皮が透けてくるようなことがあったら専門医に相談してみましょう。

そしてAGA以外にも女性の薄毛はいろいろな種類があり、たとえば産後の脱毛はよくあることです。
妊娠中は女性ホルモンが活発に働いているためある程度ホルモンバランスが乱れても薄毛になることはありませんが、産後急激な変化によって女性ホルモンの働きが弱くなってしまい、脱毛に繋がることがあります。
この場合皮膚科、あるいは通っている産婦人科で相談して適切な治療を受けてください。

ほかにもストレスなどによる円形型脱毛症などもありますから、もし自分が薄毛になっていると思ったらまずどのタイプの薄毛なのかを明確にしましょう。
タイプが分かれば治療もスムーズに進められますし、男性と比べて女性はもともと女性ホルモンが多いですから治る可能性は高いです。
そしてきちんと治すためには信頼できる医師の存在が重要なので、病院探しをするときには評判等も見ながら自分に合っていると思える病院で治療を受けて下さい。