AGA治療薬の副作用 - AGA辞典

AGA辞典 > AGA治療薬の副作用

AGA治療薬の副作用

これからAGA治療をはじめたい、あるいはすでにはじめることを決断している人にとって必ず知っておかなければならないのがAGA治療薬の副作用についてです。
AGA治療薬は日本では処方薬となっているため、専門医の処方がなければ購入することはできませんから、医師にも直接説明を受けてください。
ここでは一般的に使われているAGA治療薬の副作用についてお話していきますから参考にしてほしいと思います。

はじめにもっとも有名なAGA治療薬と言えばプロペシアがあげられ、この薬は非常に多くのAGA患者が服用しています。
プロペシアの効果は発毛サイクルを正常に戻す点で、これはAGAの根本的な原因にあたる発毛サイクルの乱れを治すことができるため非常に効果的だと言われています。
特にまだ初期段階のAGA患者の場合、プロペシアは非常に有効で人によっては数か月で回復するケースも少なくありません。
またある程度進行してしまったケースでもおよそ9割が改善傾向が見られており、かなり高い効果を発揮する薬であることが分かります。

それではこのプロペシアの副作用ですが、これは「性欲減退」「勃起力低下」の2点で、可能性としては数パーセント程度ですが症状が出ることがあります。
もしこういった症状が出たら使用を中止せざるを得ませんが、まずは主治医に相談してみてください。

次にプロペシアと並んで知名度の高いAGA治療薬にミノキシジルというものがありますが、こちらも副作用が出る可能性があります。
ミノキシジルはもともと高血圧の薬の開発途上でできたものなので、血管を拡張する効果があります。
したがって人によっては血圧が低下したり心臓に負担がかかったりする可能性がありますから、注意しなければなりません。
ミノキシジルの効果自体は発毛を促進するのでプロペシアと併用するといいと言われていますから、副作用の可能性を医師を相談しながらどのように使っていくか決めてください。