AGAのメカニズム - AGA辞典

AGA辞典 > AGAのメカニズム

AGAのメカニズム

AGAという言葉は男性型脱毛症のことを指しており、近年いたるところで耳にするようになりました。
それと並行してAGA治療もメジャーになってきていて、全国各地の皮膚科や内科、メンズクリニックがAGA治療を扱っています。
このような現状から治らないと言われていた男性型脱毛症も治せる時代になってきており、遺伝や男性ホルモンの影響で避けられない人でも希望が見えるようになりました。
しかしAGA=治せるという認識とは裏腹にどのようなメカニズムでAGAになるのかはあまりよく知られていません。
そこでここからはAGAになるメカニズムを説明していきますので、治療の際に参考にしてほしいと思います。

はじめにAGAは遺伝や男性ホルモンによる影響が大きいと言いましたが、これは主に「テストステロン」という男性ホルモンが頭皮にある「5α-リダクターゼ」という還元酵素と交わってしまうために起こります。
したがってテストステロンのみではAGAの進行はありませんし、5α-リダクターゼは基本的にどんな人にもあるものです。
ただ5α-リダクターゼがテストステロンとくっつくとDHT(ジヒドロテストステロン)という物質が生まれ、これが抜け毛の原因となります。

一般的にヘアサイクルは成長期・退行期・休止期とあり、特に成長期の期間は非常に重要になります。
成長期は3年から5年程度あるのが普通ですが、DHTの影響を受けてしまうとその期間も短くなってしまい薄毛の進行に繋がります。
成長期の期間が短くなるということはそれだけ早く退行期・休止期が来てしまうことになるので、その分抜け毛も多くなり、その結果薄毛になるのです。

こうした流れでAGAは進行していきますから、早い段階で専門医の診察を受けて薬による治療をはじめることをおすすめします。
最近はいろいろな病院でAGA治療を扱っていますから、インターネットなどを利用して自分に合った病院を見つけてください。