AGAと男性ホルモン - AGA辞典

AGA辞典 > AGAと男性ホルモン

AGAと男性ホルモン

AGAは男性型脱毛症のことであり、その原因は文字通り男性ホルモンが大きく関係しています。
そこでここではなぜ男性ホルモンがAGAの原因になっているのかお伝えしてきます。

はじめにAGAの症状の特徴は生え際などの前頭部、あるいは頭頂部といった場所から薄毛になっていくところで、これら場所から徐々に薄毛が進行しているのであればまずAGAを疑って間違いはないでしょう。
ただ男性ホルモンがAGAに影響を与えていることは間違いありませんが、すべての原因がそういうわけではないところがポイントです。
男性ホルモンのひとつに「テストステロン」というものがあり、これはAGAに関係する男性ホルモンのひとつにあげられていますが、テストステロンだけではAGAの進行はしません。
そもそもテストステロンは性欲増強や筋肉の成長を促すホルモンなので、脱毛を促進するものではないのです。

それではなぜテストステロンがAGAに影響を与えるかと言うと、頭皮に存在する「5α-リダクターゼ」という還元酵素がテストステロンと重なってしまうことでDHT(ジヒドロテストステロン)という物質に代謝されて男性ホルモン受容体(アンドロゲンレセプター)に影響を及ぼし毛乳頭のサイクルを狂わせてしまうのです。
男性型脱毛症は毛周期と呼ばれる髪の毛の成長サイクルが大きく関係していますから、以上のようなメカニズムによってそれが狂うと薄毛に繋がっていきます。
毛周期には成長期・退行期・休止期とあり、成長期は髪の毛が成長する時期で退行期は抜け毛に向かって準備する時期、休止期は成長が止まる時期にあたりますから、成長期の期間が短くなれば薄毛の進行は早まります。

通常成長期は3年から5年と言われていますから、これよりも短くなってしまうとAGAの進行がはじまることになります。
したがって早い段階で進行を止めること、また予防するために対策をはじめることが非常に大切になります。